ワードプレス引っ越し

羽田です。

いよいよこちらのアダルトテクニカルパッケージ×オロチダイヤモンドが始まりました。

 

オロチダイヤモンドのレビューはこちらです。

 

実は先日から2日間 ワードプレスの引っ越しで、とんでもない目に遭いました。

 

発端は、地域名のローマ字を1文字間違えたというだけでドメイン制限になった事が発端です。

「いつ解除されるのだろうか」

と心配になったので サーバーやドメイン移行も視野に動いたのですすが ドメインも翌日制限解除されました。

 

ワードプレスの引っ越しや移動は面倒臭そうですが 実は本当に簡単です。

とりあえず、有料サービスは使う必要ないと思うので、もしも自分みたいに「ワードプレスを引っ越し、移動したい」という人は、参考にして下さい。

 

違うドメインに移動する場合、同じドメインでサーバーだけ移動したい場合も簡単に行えます。

引っ越し元のサーバーと引っ越し先のサーバーやドメインが準備できればすぐに始める事が可能です。

 

ワードプレスの引っ越しは この2つのプラグインでOKです。

ワードプレス引っ越し簡単な方法

 

自分の経験としてのメモを書いておきます。

 

ワードプレスはプラグインで簡単に引っ越しできます。

 

引っ越しの手順 ワードプレス

 

まずはプラグインをデータを取るワードプレスにDeMomentSomTres Exportというプラグインをインストールします。

 

 

有効化すると

 

そしてDeMomentSomTres Exportをクリックして全てをエクスポートします。

 

 

 

このファイルを引っ越しするワードプレスに入れますがサイトを残した状態で対応してください。

 

引っ越し先のワードプレス

引っ越し先のワードプレスで ツール⇒インポートを選択。

 

 

あとは先程のエクスポートファイルを選ぶだけです。

 

もしも途中で真っ白のママの場合はもう一度ツール⇒インポートからファイルを選びます。

これで完了です。

 

引っ越し元のワードプレスと同じ条件にします。

 

同じテーマ
同じプラグイン

 

これをしないとショートコードが残ったりしてしまいます。

テーマやプラグインに依存するコードがあると大変です。

画像のURLは新しいワードプレスに変わります。

ドメインが変更されていても安心です。

 

さらにもう一つがこちら。

直書きのソースなどは変更できませんのでこのプラグインを使います。

 

Search Regexで一括置換

検索して置換したい語句と変更したい語句を入力します。

ドメインの場合な変更したいものと変更する文字列を入力します。

 

abc.com を cba.com にしたい場合は、検索にabc.comを入力し置換の項目にcba.comを入力すると投稿や固定ページのリンクなども一括で文字列を変更できます。基本対象は全てで問題ないと思います。

このような感じです。

あとはコメントやユーザー情報、ワードプレス設定など入れてもよいですが最初は検索だけで どの程度の数があるか?
変更しても問題ないか?を確認しましょう。

 

自分はここでもしかすると空白や文字列ミスでワードプレスの設定なども置換してしまった可能性があるかもしれません。

 

一歩間違えると かなり大変な作業になりますので慎重に行いましょう。

 

万が一失敗した場合

 

自分は バグりましたが もしおかしい場合は、先程のように一度エクスポートをして別のワードプレスにデーターを移動して、さらにそこでも、同じようにエクスポートした上で、一度ワードプレスをアンインストールをして、インストールし直して このエクスポートファイルを入れてみましょう。

 

ポイントは引っ越しでインポートする時には元のワードプレスは そのまま置いておくようにしましょう。

元のワードプレスを消してしまうと エクスポートファイルに不具合があった場合など致命傷になり、元に戻せるデーターがなくなるので ここは注意をして下さい。

 

自分も引っ越しをしましたが 本当に良い経験になりました。この忙しい時に2日殆ど潰れましたから。ただスムーズにいけば数分で引っ越し作業は完璧にできます。

もしもこの記事を読んでいる方で分からない事があれば自分でもサポートできますので気軽に声をかけて下さい。

 

おすすめの記事