羽田です。

 

最近毎日メールも配信していますが
もしもメールが届いていない方はお知らせください。

 

どうもスタンドが悪いせいか、なかなか届きません。

 

ただ2日に1度程度は更新していますので定期的に
読んで頂けると幸いです。

 

 

前回の記事の続きです。

 

今回はこちらのワードプレスプラグインと2つのリンクを開かせる方法を紹介しますね~^^

 

一般サイトでは嫌われがちですが、アダルトサイトでは、クリックすると多重ウィンドウが開いたり強制的にクリックされたり、ウインドウが閉じなくなったり、いきなりエロサイトで料金加算されたりやりたい放題です。しかしそれでも需要があるのは本当に性欲市場の強さを感じます。一般サイトなら二度とアクセスしてくれませんがアダルトは、関係ない勢いです。

 

それでは、まずはオーバーレイ広告から説明していきます。

ポップアップウィンドウ、リンクを開かせるWordPressプラグイン「Popup Maker」

簡単に言うとクリックするとウィンドウが開く
あるいはアクセスしてから〇秒でウィンドウが開く

といった感じの事が可能なプラグインです。

 

まずはインストールから設定方法を説明します。

ワードプレスをお使いならインストールしておきましょう。

 

インストールはシンプルで簡単です。

ポップアップをワードプレスに表示させる為にプラグインをインストールする

 

まずワードプレスにログインをして

プラグイン→新規追加 に進みます。

 

 

 

このように検索をします。

 

すると出てきましたね。

紛らわしい名前のものがありますが ちょうど左上が該当のプラグインです。

インストールします。

 

 

インストール中

 

 

次に有効化します。

 

 

できましたね。

インストールをしたら次に設定に進みます。

 

設定方法

ウィンドウがチカチカ開く説明はスキップしておいて大丈夫です。

 

自動で初期に生成されたものは先に削除しましょう。

訳分からなくなりますので。

 

 

次に新しく新規作成です。

サイドバーからも可能です。

 

 

あるいは以下からも新規作成可能

 

 

ところどころで説明が開くのでこれは出る度にスキップでOK

翻訳機能がブラウザにあれば翻訳すると意味も分かり易いです。

 

新規画面に辿り着いたら、上段が管理名 下段がオーバーレイのタイトルです。

これは表示されるタイトルです。

今回はサンプルなので適当にポップアップタイトルとしておきました。

 

まあ適当にやります。

本文は投稿同様に画像やテキストや動画など自由に挿入可能です。

 

こんな感じになりましたね。

 

続いては いつ開くか?を設定します。

トリガーとは銃のトリガーと同じで、それをいつ引くか?という意味です。

 

例えばユーザーが訪れて何秒後に表示…みたいな事か
あるいは 何かをクリックした時に開くという事も可能です。

次に細かい設定ですが
ターゲティングはそのままでOKです。

 

続いて表示項目は

 

好みで変更しましょう。

 

主には外観は表示される枠のデザインサイズ、そしてアニメーションは
どのような演出で表示するか?後は表示の際の音位置です。

 

次に閉じるボタンの設定です。

ポップアップが表示された時に閉じる事が可能なボタンの
文面と大きさを設定できます。

 

 

他にも以下のような分かり難い設定もできます。

 

このように閉じる為の方法を選べますが普通の閉じるボタンで良いでしょう。

 

完了したら公開をクリックします。

 

もちろんこれだけでは、表示されません。

 

そしてサイドバーより 一覧画面に移動します。

 

 

一覧表示を確認して赤枠の部分の数字を確認してみましょう。

 

上記の例では、3129です。

 

上記の数字部分を以下のソースに加えます。

<span class=”popmake-〇〇〇”>クリックさせたいテキスト</span>

 

そして完成したらそのソースを挿入したい場所にHTMLモードで貼り付けます。

以下がサンプルです。

クリック→ クリックさせたいテキスト

 

このような事が可能です。

 

 

続いて画像の場合は以下のコードです。

<img class=”popmake-〇〇〇” src=”画像URL” alt=”代替テキスト” />

画像の場合も同様に画像のURLなどを指定すればできます。

クリックしてみましょう↓

代替テキスト

 

まあ、こんな感じです。

 

他にも滞在時間 何秒後に表示みたいな事も可能です。

 

あとは、同時にタブを開かせる…みたいな事も可能ですが
あんまりやり過ぎると 検索エンジンにスパム判定されるので
気を付けるべきです。

 

オロチなどのオーバーレイのように オーバーレイが出てもページが
しっかり閲覧できるものは良いですが ×をクリックするか あるいは
広告をクリックしないと閲覧できないものは検索エンジンにもよくないです。

 

これは覚えておきましょう。

 

続いてはご法度なテクニックですがアダルト市場では、普通です。

リンクをダブルで開かせるには?

 

<a href="リンクを入れる" onClick="window.open('http://google.com');window.open('http://yahoo.co.jp');window.open('http://nifty.com');return false;">詳しく見る</a>

 

上記のリンクを入れるという部分に指定のコードを入れ替えます。

続いて上記にはGoogleとニフティやヤフー、GoogleのURLが
入っていますので開かせたいリンクに貼りかえて下さい。

 

あとは HTMLモードでソースを貼り付けると、複数ウィンドウが自動で開くようになります。

 

続いて画像に貼りたい場合は以下のようなソースになります。

<a href="リンク先URL" onClick="window.open('http://google.com');window.open('http://yahoo.co.jp');window.open('http://nifty.com');return false;"><img alt="画像タイトル" class="alignnone wp-image-2006 size-full" src="画像のURL"  /></a></p>

文字列は必要に応じて書き換えて使えます。

 

これによって

動画をクリックしたタイミングで数多くのウィンドウを開かせる事は事実上可能です。

現状では3個か4個ぐらいなので必要に応じて省略してお試しください。

 

例えば動画をクリックする場合には、
動画ともう一つはアフィリエイトリンク…みたいな事も
可能です。

 

サンプルソース

<a href="https://mybestblog1.com/?cat=3" onClick="window.open('https://mybestblog1.com/?cat=3');window.open('https://mybestblog1.com/?p=2748');window.open('https://mybestblog1.com/?p=1883');return false;">詳しく見る</a>

そのままブログなどに貼り付けると動作確認可能です。

 

とは言っても一般のASPなどは 強制クリックは、NGとなる事もありますが、エロ系ではしょっちゅう普通ですけどね(笑)

 

FANZAでこの形式でクリックさせている人も多いですが
「どこのASPを利用するか」あるいは、「何を開かせるか」

 

実質この辺は、自己責任の下で検討してください。

 

 

ちなみにクリックさせる方が良い案件は、
多くの人が利用しているサイトが有効です。

 

例えば楽天やアマゾンみたいな大きいサイトの場合は、
「とにかくクリックさせる事」が結構大事だったりしますから
それと同じ感覚です。

 

よくFANZAのクリックが多いという点も、まさにそれが原因でしょう。

 

もちろん内部リンクでも開かせる事が可能なので、ちょっと使いたい場合は使ってみて下さい。

 

それでは本日はこの辺で失礼します。

おすすめの記事